モビット

モビットは総量規制の対象業者

モビットに限らず、カードローン業者からキャッシングの利用をする場合に関係してくるのが「総量規制」という法律です。

 

総量規制とは、その名の通り「総量」を「規制」する法律のことでここでいう「総量」とは「お金を借りることができる金額」の「総量」という意味です。

 

つまり、トータルでいくらまでお金を借りることができるのか、ということを定めた法律が総量規制なのですが、この法律では年収の3分の1を超えてカードローンでキャッシングを利用してはならないと規定されています。

 

なお、この総量規制には対象外となるケースもあり、たとえば住宅ローンなどのように不動産の取得に必要な融資の場合や、自動車ローンなどの利用であれば総量規制の対象から除外され、年収の3分の1を超えてお金を借りることができます。

 

いわゆる「銀行からお金を借りる」場合は総量規制の対象外となるわけです。

 

ではモビットの場合はどうかというと、総量規制の対象となりますので、モビットからお金を借りる場合には自身の年収の3分の1を超えて融資を受けることはできません。

 

もちろん総量規制で規制される借入金額というのはキャッシング業者1社につき、という意味ではなくトータルの借入金額という意味なので既にモビット以外で融資を受けている場合には、モビットで借りることができる金額が必ずしも年収の3分の1までとは限りません。

 

モビットの場合は、その経営母体は三菱東京UFJ銀行と三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマサービスではあるものの、お金を借りる際の契約ではあくまでも「モビット」という業者から融資を受ける、という契約となります。

 

そのため、具体的には三菱東京UFJ銀行と契約をしてお金を借りるというわけではないということで総量規制で規制される対象となります。

 

総量規制という法律の目的は、「借りすぎ」を規制することにあります。

 

あまり高額の借入を受けるとその分返済が大変になりますので、総量規制の対象だからという理由だけでなくモビットからお金を借りる場合には必要最小限の金額に留めておきましょう。